収益物件は副業で活かせる~物件の購入で収入をGET~

三大都市圏を抑えよう

電卓

三大都市圏は、不動産の資産価値が今後も維持もしくは上昇すると期待されているエリアです。その中でも大阪に注目しましょう。自ら収益物件を保有するという選択肢の他、大阪の不動産会社を購入するという選択肢もあります。

詳しくはこちら

副業にお勧めなのは何か

real estate

東京では無料の不動産投資セミナーがたくさん行われています。副業として不動産投資を始めたいという人などは、複数のセミナーに参加することが大事です。評判のいいセミナーは口コミサイトなどで情報収集することをお勧めします。

詳しくはこちら

一棟売り物件の投資戦略

real estate

築年数の古い投資マンションを大阪で買う場合には、建物の修繕工事を通じて再生させることで、高収益物件への転換が可能です。低価格物件は立地や建物の状態が良くないケースも多いです。

詳しくはこちら

海外投資家の増加

大阪で収益物件を購入したい方はコチラで紹介されている会社におまかせするのが一番です。おすすめポイントも載ってますよ。

円安の進行

real estate

日本の不動産はバブル崩壊後長期にわたって下落傾向を示しておりましたが、漸く三大都市圏を中心に都市部では反転傾向を示しております。大阪の収益物件の取引もようやく動き始めました。大阪は東京よりもアジアに近いこともあり収益物件に対するアジアからの投資が増加しています。従来は活発だった中国や香港への投資が最近の中国の景気に対する先行きの懸念材料が不安視されており、投資先の見直しが行われています。最近に日本国内は東京、大阪、名古屋の三大都市圏の不動産価格の上昇が顕著となっておりますが、海外の投資家にとっては大幅な円安の進行によって依然として割安感があるので収益物件に対するニーズが多くなっています。これは国内でも同様で、いま副業として収益物件の購入が盛んに行われています。

販売ルートの確保

大阪の不動産は依然として東京に比べれば割安になっておりますので、東京では難しい一棟売りなどの収益物件も開発する価値が認められます。また収益物件の購入も大阪では盛んです。不動産でも数多く取り扱っているので、立地や築年数も含めて検討しましょう。また元々の設備の有無も確認が必要です。さらに購入のときには大きなお金が必要となりますが、そのときのローンに関してもきちんとした確認が必要です。不動産会社の中には、売却時に返済が出来ないときの担保末梢ローンを用意しているところもあります。大阪は人気のスポットではあるので、予算立てもしっかり行いながら購入して家賃収入を得ましょう。